自動車税は何月?

自動車税は何月?

何月

自動車税は多くの場合5月頃に各都道府県から納税通知書によって請求されます。

 

軽自動車の場合は市町村からです。

 

そして、誰に自動車税の請求するのかですが、4月1日時点での自動車の所有者に対して請求されます。

 

ですから、3月31日までに廃車手続きが完了していれば自動車税の納税通知書は送られてきません。

 

4月2日に廃車手続きをした場合は、例え自動車がすでになくても自動車税の納税通知書が送られてくるということです。

 

このようなことからか、2月、3月に自動車を売却する方や廃車にする方が非常に多くなります。

 

自動車税って結構高額なのに、案外存在自体を忘れている、知らない方もいるんですよね。

 

特に高校を卒業して就職して、免許を取って、初めての自動車を買ったなんて場合、自動車税の存在を知らな方も多いし、貯金も少ない、そんな時に自動車税の納税通知書が送られてきてビックリするのではないでしょうか。

 

初めての自動車の排気量が2リッター以上なんてこともめずらしくないと思います。

 

2リッター超から2.5リッター以下の場合の自動車税が45,000円。

 

高いですよね?

 

こんなに貯金がないなんて方もいると思います。

 

さらに自動車って高級車で排気量が大きくても、走行距離が進み、年式が古くなれば、中古車の販売価格はかなり安くなります。

 

ですから、社会人一年目でも3リッター超えの中古車を買えたりします。

 

ですが、3リッター超から3.5リッターの自動車税は58,000円。

 

高過ぎますよね?

 

何にしても自動車税は結構高いので注意が必要です。

 

2月、3月あたりで廃車、売却を考えている方は、いつまでにするか考えておいたほうがいいでしょう。

 

軽自動車は自動車税の還付はありませんが、普通乗用車は月割りの還付があるので4月になったら損というわけではありませんが、自動車税のことは事前に考えておくべきでしょう。

 

自動車税の金額については、静岡県の公式ホームページに詳しく紹介されているので、排気量ごとの金額が知りたい方は参考にするといいでしょう。
静岡県公式ホームページ-自動車税


関連ページ

自動車の売却で用意するものって何?
自動車を売却する時に用意しなければいけないものって何だろう?と疑問に思う方もいるでしょう。ということで売却を考えた時に用意すべきものについて紹介していきます。
ローンが残っている自動車でも売却は可能?
ローンがまだ残っているけど自動車を売却したいということもあると思います。そんな時に自動車査定に出して売却することは可能なのか?について紹介していきます。
車検切れの自動車でも売れる?問題ない?
自車検切れの自動車でも売れる?と気になる方もいるでしょう。ということで、実際売れるのかということと、問題点について紹介していきます。
自動車の下取りと買取の違い解説
自動車の下取りと買取がありますが、何が違うのかということについてと、それぞれのメリット、デメリットを解説していきます。
自動車の買い替えか売却かに迷う
自動車の買い替えか売却かを迷うことってあるのではないでしょうか?ということで、どちらがいいかについて考えてみたいと思います。

TOP 一括査定比較