自動車売却で用意するもの

自動車の売却で用意するもの

書類を用意

自動車を売却する場合には用意しなければならないものがいくつかあります。

 

自動車買取店などに売却する場合は、必要なものの大半をお店のほうで用意してくれますし、自分で用意しなければいけないものも丁寧に教えてくれるので何を用意したらいいのと心配する必要はありません。

 

用意するもの

 

  • 実印
  • 印鑑証明
  • 車検証
  • 自動車納税証明書
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 口座
  • 委任状
  • 譲渡証明書

 

このように、大半は自動車のダッシュボードの中に入れてあるはずのものばかりで、印鑑証明、委任状、譲渡証明書以外はすでにあるはずです。

 

では、それぞれについて説明していきます。

 

実印

 

実印登録してある印鑑ですね。

 

普通乗用車であれば自動車を購入する時に実印を使っているはずです。

 

印鑑証明

 

実印登録された印鑑であると証明する証書です。

 

これは発行から3か月以内のものでなければダメなので、これは自分で用意することになります。

 

車検証・自動車納税証明書・自賠責保険証・リサイクル券

 

これらは車内に常備しているはずです。

 

仮に紛失した場合は再発行してもらわなければならないので、しっかり確認しておきましょう。

 

口座

 

これは自動車を売却したお金を自動車買取店から振り込んでもらうためのものです。

 

多くの方が普段から利用している銀行口座などがあるでしょうから問題はないでしょう。

 

委任状・譲渡証明書

 

これはお店側で用意してくれることが大半です。

 

委任状は名義変更手続きをお店側に委任したことを証明する書類です。

 

そして譲渡証明書は、そのままで自動車の譲渡を証明する書類です。

 

 

ということで、自動車の売却で改めて用意するものは印鑑証明くらいです。

 

査定だけでしたら車検証と査定してこらう自動車があれば大丈夫です。

 

自動車買取一括査定で用意すべきもの

自動車買取一括査定を利用して自動車を売却したいという方も多いでしょう。

 

そのような場合に必要なものは上記と同じです。

 

やるべきことはほぼ同じですからね。

 

ただ、一つ用意しておくべきものがあります。

 

それは心の準備です。

 

一括査定では複数の買取店に査定を申し込みます。

 

ですから、申し込み後の連絡が、3社なら3社から、5社なら社から連絡がきます。

 

そして各買取店は競っています。

 

ですから他社より早く連絡を取りたいと思っています。

 

それで、各社から次々と連絡がきてビックリしたという方が結構います。

 

ですから、次々と連絡がくるかもと心の準備をしておきましょう。


関連ページ

自動車税って何月?いつまでに手放せばいい?
自動車税って何月に請求される?そしていつまでに手放せば請求されない?など結構気になる自動車税について紹介していきます。
ローンが残っている自動車でも売却は可能?
ローンがまだ残っているけど自動車を売却したいということもあると思います。そんな時に自動車査定に出して売却することは可能なのか?について紹介していきます。
車検切れの自動車でも売れる?問題ない?
自車検切れの自動車でも売れる?と気になる方もいるでしょう。ということで、実際売れるのかということと、問題点について紹介していきます。
自動車の下取りと買取の違い解説
自動車の下取りと買取がありますが、何が違うのかということについてと、それぞれのメリット、デメリットを解説していきます。
自動車の買い替えか売却かに迷う
自動車の買い替えか売却かを迷うことってあるのではないでしょうか?ということで、どちらがいいかについて考えてみたいと思います。

TOP 一括査定比較