自動車の下取りと買取の違い

自動車の下取りと買取

違いは何?

自動車の買い替えを考えた時の選択肢として、ディーラーの下取りと、自動車買取店への買取があります。

 

ディーラーの下取りは現在所有している自動車に下取り価格を付け、その金額を次に買う自動車の購入費用の足しにできるというもので、買取は現在所有している自動車を買取店に売却するというものです。

 

下取りと買取には、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

下取りのメリット

 

  • 自動車の無い期間を作らなくて済む

 

下取りのデメリット

 

  • 下取り価格の使い道が次の自動車の購入費用と限定されている

 

買取のメリット

 

  • 下取りより高く売れる傾向がある
  • 売却代金の使い道は自由

 

買取のデメリット

 

  • 買い替えを考えている場合手続きに手間が若干かかる
  • 代車か次に自動車を用意しておかなければ自動車の無い期間ができる

 

下取りと買取にはこのような違いがあります。

 

下取りでは次の自動車と交換するような形になるため、引き渡しと次の自動車の納車が同じタイミングになることが多いため、自動車が無い期間を作らなくて済みます。

 

ですが買取では現在所有している自動車を売却してしまうわけですから、自動車を毎日利用するという場合、代車か、次の自動車を現在の自動車の引き取り日までに用意しておかなければなりません。

 

ただ、多くの場合自動車買取店のほうに相談すれば代車の手配をしてくれるので、気になる方は買取店での売却を考える場合はお店のほうに相談してみましょう。

 

次に下取りでは、下取り価格は次の自動車の購入費用にすべて充てられます。

 

ですが買取では売却代金の使い道は自由です。

 

次の自動車の購入資金に充てることもできますし、貯金することもできますし、他の物の購入資金にもできます。

 

後は下取り価格より、買取のほうが高い金額になる傾向があります。

 

車一括査定とディーラーの下取りの比較では、平均十数万円、自動車買取のほうが高く売れたというデータがでています。

 

ということで、下取りと買取にはそれぞれメリット、デメリットがあるので、自分がどちらを利用すべきか考え利用すべきです。


関連ページ

自動車の売却で用意するものって何?
自動車を売却する時に用意しなければいけないものって何だろう?と疑問に思う方もいるでしょう。ということで売却を考えた時に用意すべきものについて紹介していきます。
自動車税って何月?いつまでに手放せばいい?
自動車税って何月に請求される?そしていつまでに手放せば請求されない?など結構気になる自動車税について紹介していきます。
ローンが残っている自動車でも売却は可能?
ローンがまだ残っているけど自動車を売却したいということもあると思います。そんな時に自動車査定に出して売却することは可能なのか?について紹介していきます。
車検切れの自動車でも売れる?問題ない?
自車検切れの自動車でも売れる?と気になる方もいるでしょう。ということで、実際売れるのかということと、問題点について紹介していきます。
自動車の買い替えか売却かに迷う
自動車の買い替えか売却かを迷うことってあるのではないでしょうか?ということで、どちらがいいかについて考えてみたいと思います。

TOP 一括査定比較