ローンが残っている自動車の売却

ローンがまだ残っている自動車でも大丈夫?

自動車のローン

ローンがまだ残っているが、自動車を売却したいと考えることがあると思います。

 

ですがローンが残っている場合、その自動車を使用しているのは自分なわけですが、ローンを払い終わってから所有権が自分になる契約になっていることが多いため、ローンを支払い終わっていない段階では自動車の所有権が自分ではないことが大半です。

 

そして自動車を売却するためには所有権が自分になければなりません。

 

それでは自動車を売却できないのか?

 

と言えば、そんなことはありません。

 

多くの場合にローンが残っていても自動車を売却することが可能です。

 

例えば、ある自動車買取店に売却が決まったとします。

 

そうすると売却代金で残ったローンを支払い、残金をあなたに支払うといった手続きをしてくれます。

 

そして自動車の売却代金全て支払ってもローンが残ってしまうといった場合には、残金を現金で支払います。

 

ただ、残金を一括で支払うことはできないという方もいるでしょう。

 

そのような場合は各自動車買取店で対応が違いますが、残金分を新たにローンを組んでくれることもあります。

 

ですから、ローンが残っている自動車の売却を考えている場合は買取店のほうに相談してみるといいでしょう。

 

多くの場合にお客様の状況に合わせて対応してくれるはずです。

 

ということで、ローンが残っていても自動車を売却できるかでですが、多くの場合売却することができます。


自動車を少しでも高く売るなら競わせて

ローンが残っていても多くの場合、自動車は売却できる。

 

そうなると自動車を少しでも高く売りたいと考える方も多いと思います。

 

自動車を少しでも高く売るためには一括査定と言われているのを聞いたことがあるでしょう。

 

やはり高く売るためには競わせることが大事です。

 

競う相手がいなければお客様が納得すれば買取できるわけですが、競う相手がいる場合、他社より高い金額を提示しなければお客様は自動車を売却してはくれないでしょう。

 

ですから自動車を少しでも高く売るためには、高い金額を出さなければ買い取れない状況を作るべきです。

 

そして、その状況を作り出しやすいのが一括査定です。

 

■関連記事
自動車買取一括査定各社の違いを比較!どこがいいのだろう?

関連ページ

自動車の売却で用意するものって何?
自動車を売却する時に用意しなければいけないものって何だろう?と疑問に思う方もいるでしょう。ということで売却を考えた時に用意すべきものについて紹介していきます。
自動車税って何月?いつまでに手放せばいい?
自動車税って何月に請求される?そしていつまでに手放せば請求されない?など結構気になる自動車税について紹介していきます。
車検切れの自動車でも売れる?問題ない?
自車検切れの自動車でも売れる?と気になる方もいるでしょう。ということで、実際売れるのかということと、問題点について紹介していきます。
自動車の下取りと買取の違い解説
自動車の下取りと買取がありますが、何が違うのかということについてと、それぞれのメリット、デメリットを解説していきます。
自動車の買い替えか売却かに迷う
自動車の買い替えか売却かを迷うことってあるのではないでしょうか?ということで、どちらがいいかについて考えてみたいと思います。

TOP 一括査定比較